簿記2級、試験不合格後の落ち込み。無気力。

動けない

6月10日の149回簿記2級の試験を受けて、そして落ちて、3週間が過ぎようとしている。1ヶ月過ぎるのも時間の問題だ。

この3週間、何をやっていたかっていうと、何もやってない。試験勉強中は、試験が終わったらあれをやろう、これをやろうとあれこれ思っていたのに、試験が終わった今、何もやる気が起きない。

今まで仕事前に勉強して仕事後に勉強して休日勉強して、あんなに必死で毎日を過ごしていたのが嘘みたいだ。

切り替えできない

気分転換にITパスポートの資格の勉強でもやろうと思ってテキストを買って読んでいるものの、ほとんど頭に入ってこない。ため息ばかりついている。

今回の試験はやはり難解回だったようで、暫定で合格率は15~16%、平均点は45点前後のようだ。自分は54点で、平均点よりも多少は良かったと考えてもよけいむなしくなってくる。

私が受けた前の回の2月の試験は比較的易しい回で、合格率も30%近くて、そんな回なら受かっていたはず、とか、考えても仕方ないことばかり考えてしまう。

落ち込み

私はたぶん、めちゃくちゃ落ち込んでいるんだと思う。54点で落ちたのは事実でそれが現状の私の力。だけど、絶対的に落ちる試験だったかというとノーだ。

第1問、第4問、第5問で50/60点、第2問、第3問で20/40点取れれば合格できたし、手の届かない点数ではなかった。

準備不足だったのは否定できない。だけど仕事の合間をぬって、時間をひねり出して、苦しみながらコツコツ勉強して、その時点でやれることはやった。

ただそれが足りていなかった。ただそれだけだ。

立ち直るまで

試験前に思った。あと2~3ヶ月あれば、完全に仕上げることができるのに、と。11月の試験まではまだ5ヶ月近くある。

少しゆっくりすればいいやという気持ちと、少しずつでもやっていかないと忘れてしまう、という気持ち。強制されているわけでもないし、のんびりやればいいんだけど。

またあの仕事と勉強でくたくたになって苦しむ日々に突入するのかと思うと、まだそこまでの気力が回復していない。

苦しい記憶

試験の1~2ヶ月前くらいにやっと少し楽しく感じていたけれど、ほとんどの期間は苦しかった。3級とはまた全然違う苦しみ。

わけがわからなくて、不安でインプットばかりしていた。アウトプットしたらしたでまた不安になって、平日に時間が作れないことに焦って、精神を消耗していた。

これからどんどん暑くなって体力的にも不安だし、仕事も繁忙期になる。そんな中で今回以上に力をつけていけるんだろうか。

くよくよしてたって仕方ないんだけれど。とにかく何か気分転換しないと。落ち込みから脱出して、再スタートしないと。

スポンサーリンク
Twitterはこちら

フォローする