広告マン&テレビマンと合コンした結果

合コン中の合コン

職場で誘われて久しぶりの合コンに参加してきた。職場にアラサー独女の合コンチームがあって、私は普段は参加していない。しかし一人が急遽参加できなくなったので、当日ピンチヒッターで参加することに。

5対5でお相手は電通マン2人、キー局テレビマン2人、金融マン1人。うち、1人は東大出身。女性は会計士2人、会計士アシスタント2人、職業不明1人。

大阪の片隅で地味にセコセコ働いているだけの自分が、なんとも華やかな場所に来たもんだと、妙に傍観者的な気分になって不思議な気持ちがした。

参加してみて

飲み会は楽しかった。天下の電通マンとテレビマンがいて楽しくないわけがない。みんな若くてイケメン。盛り上げるのも上手。モテるだろうし遊びたい放題の頃だ。

一次会はダイニングバーで食事して、二次会はバル的なお店で軽く飲んで解散。LINEグループができているのでまた機会があれば遊ぶこともあるかもしれない。

最近は職場でもプライベートでも人付き合いの取捨選択が激しい自分にとっては、この飲み会は異例のことだった。

職場絡みの合コンなんて気を遣う以外の何ものでもない。自分より若くてかわいくて性格もよくて学歴も仕事もちゃんとしてる女性の中にまぎれて行くなんて、気が狂ったのかもしれない。

疲れ

実際参加してみて、楽しかったけれど疲れたのも本当に大きかった。ピンチヒッターとはいえ、私みたいな人間が参加して男性陣に対して申し訳なかったなと、それしか思わなかった。

それにここ数年、まともにテレビをつけることもない自分にはCMもテレビもあまり興味がなかったし、電通マンの武勇伝的な話題にも後半は飽きてきた。

とは言え楽しい時間を過ごさせてもらってありがたいの極み。しかし疲れた。今回はピンチヒッターで参加しただけだし、今後も合コンチームに入るつもりはない。

これでいいのか

私はもう知らない誰かと関わるのが嫌なんだと思う。知らない人と会って気を遣い合って、その場が楽しいだけの付き合いはもう面倒としか思えない。

数年前は楽しかったのになんでなんだろう。男女問わず知らない人との楽しい時間、新しいつながりが楽しかったのに。今は男女問わずめんどくさい。

ひとりに慣れすぎてしまったんだろうか。それともそういう時期で一過性のものなのか。これが独身こじらせるということなんだろうか。なんにしてもヤバイような気がする。

スポンサーリンク
Twitterはこちら

フォローする